介護福祉士の重要性

資格を取得するために

介護福祉士の資格を取得している人の多くが、高校を卒業した後さらに専門学校、短大、大学などで福祉の勉強をしている人が多いです。高校を卒業してそのまま介護施設に就職するのも1つの方法です。しかし、社会人になる前に重要な資格となる介護福祉士の資格を取得しておけば、就職してからは仕事に集中することができるようになります。

学生のときに資格を取得してそのまま就職したいという思いが早い段階で固まっていれば、福祉系の勉強をすることができる高校に通うことも1つの手段になります。福祉系の高校に通って専門知識を学ぶことで、資格を取得することもできます。ただ現実的には、中学校の頃から「将来は福祉系の仕事がしたい」という明確な目標や希望があって、そのために早い段階から進路を決められる人は、決して多くはありません。

それでも介護福祉士の資格を取得するなら、可能な限り早いほうが良いです。30代から40代になってから資格を取得するのも大変です。絶対無理というわけではありませんが、仕事をしながら資格取得するための勉強をするのが大変だということは理解しておく必要があります。計画を立て、しっかり試験対策をして合格できるように努力していきましょう。自分が納得できれば必ずその努力は報われます。