介護福祉士の重要性

仕事内容

介護福祉士の仕事は大きく分けて3つあります。1番多くの割合を占めているのが入居者への介護、介助、援助のサービスです。食事をするときにサポートしてあげたり、トイレの排泄行為や、入浴時の介助などをします。

さらには、入居者が施設で毎日楽しく生活できるように、様々なイベントやレクリエーションを考えてあげるのも介護福祉士の役割になります。介護施設に入居する人の近くで仕事をすることもありますし、みんなが楽しく生活するために企画の立案をするのも仕事になります。

2つ目の仕事は、他のスタッフの指導です。みんなで気持ちを1つにして働かなければ、必ずその気持ちが入居者にも伝わってしまいます。毎日施設で生活する高齢者のために、そして全てのスタッフが働きやすい環境を作るためにも、介護福祉士が他のヘルパーなどに指導をしたり、現場で働く上で不明な点や疑問点があれば、一緒になって解決してあげることも介護福祉士の役割になります。

3つ目の仕事は、入居者の家族へのアドバイスや相談に乗って話をすることです。家族が不安に思っていることや、疑問に感じていることに対して親身になって対応する必要があります。その結果を踏まえて最適なアドバイスをしてあげるのも介護福祉士の仕事になります。